エアコンが冷えなくなった原因は?対処法と費用についてもご紹介!

エアコンが冷えなくなった原因

暑い時期になると出番が増えるエアコン。

しかし、いざエアコンを付けると「なぜか冷たい風が出てこない…」といったことを経験した方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は突然エアコンが冷えなくなった原因や、エアコンが冷えない時の対処法、エアコンの修理や掃除に掛かる費用についてご紹介します。

エアコンの効きが悪くなった方は、是非ご覧ください。

エアコンが冷えない4つの原因

エアコンを付けても部屋が冷えない場合は故障の可能性もあり得ますが、その他にも様々な原因が考えられます。

エアコンが冷えない原因として、主に4つの原因が挙げられます。

  • エアコン内部にホコリが溜まっている
  • エアコンの室外機に問題がある
  • 冷媒ガスが漏れている
  • エアコンに対して部屋が広すぎる

ここでは、エアコンが冷えない場合に考えられる4つの原因について見ていきましょう。

エアコンが冷えない原因①:エアコン内部にホコリが溜まっている

エアコンが冷えない原因として、最も多いのがエアコン内部にホコリが溜まっていたり、汚れが付いていたりするケースです。

エアコンフィルターやファンは風の通り道となり、掃除をしないとホコリがどんどん溜まっていきます。

ホコリが溜まっていくと風の通りも悪くなるため、エアコンの冷房も効きづらくなってしまうのです。

エアコンが冷えない原因②:エアコンの室外機に問題がある

ベランダなどに設置する室外機は、室内の暑い空気を外に放出する役割を果たしています。

室外機が汚れていたり周りに物が置かれていたりすると、暑い空気が十分に放出することができずに室内に逆流し、室内が冷えにくくなるのです。

また室外機に直射日光が当たっている場合も、熱が逃げづらくエアコンの効きが悪くなりなります。

この場合は部屋を冷やすのに余計なエネルギーを消耗することになり、電気料金も無駄に高くなってしまいます

エアコンが冷えない原因③:エアコンの冷媒ガスが漏れている

エアコンが冷えない原因の1つに、冷媒ガスの漏れが挙げられます。

エアコンの配管には、冷媒ガスという熱を運ぶ役割を持ったガスが配管に充填されています。

しかし、冷媒ガスの取り付け工事のミスやエアコンの劣化により漏れてしまうと、温度調節が上手くいかず冷房が効きづらくなってしまうのです。

ガス漏れが起きているのかを確認するポイントとして、室外機の配管に白い霜が付いているかどうかをチェックすると良いでしょう。

エアコンが冷えない原因④:エアコンに対して部屋が広すぎる

引っ越しやエアコンの移設を行った際によくあるのが、エアコンの機能よりも部屋の規模が広い場合は、エアコンが効きが悪くなるケースです。

エアコンには、適切な部屋の広さが畳数で設定されており、建物が木造か鉄筋かによっても最適な畳数が異なります。

基本的に木造の方が冷えにくく、鉄筋の方が冷えやすいとされています。

例えば、適応畳数が「8畳用~12畳用」と書かれている場合、木造住宅は8畳、鉄筋住宅は12畳を目安にすると良いでしょう。

エアコンが冷えない時の対処法とは?

ここまで、エアコンが冷えない4つの原因についてご説明しました。

では、エアコンが冷えない場合はどのように対処するべきでしょうか?
そこで、エアコンを長持ちさせるために日頃から意識しておきたいポイントや、エアコンが冷えない時の対処法について見ていきましょう。

エアコンが冷えない時の対処法①:エアコン内部のホコリを取り除く

エアコンが冷えない時の対処法として、エアコン内部のホコリを取り除くこと。

特にホコリが溜まりやすいフィルターは、日頃から小まめに掃除をしてキレイな状態を保つように心掛けましょう。

エアコンのフィルター掃除は自分でも比較的簡単に行うことができるため、もしエアコンの効きが悪い場合は、フィルターのホコリを取り除きましょう

エアコンが冷えない時の対処法②:室外機の周りに物を置かない

エアコンが冷えない時によくあるのが、室外機の周りに鉢植えやバケツ、自転車などを置いているケースです。

室外機の周りに物があると空気を放出する妨げとなるため、室外機の周りには物を置かないように掃除を行いましょう。

また、室外機に直射日光が当たっている場合は、室外機を日陰に移動したり、すだれやグリーンカーテンをかけたりして対策を行いましょう。

エアコンが冷えない時の対処法③:冷媒ガスを補充してもらう

冷媒ガスのガス漏れが起きている場合は、専門業者に依頼してガス漏れの原因とガスの補充を行ってもらいましょう。

ガス漏れの原因が取り付け時のミスと考えられる場合には、取り付けを行った業者に状況を説明し対応をお願いしましょう

また、配管の腐食や経年劣化による破損の場合は専門業者に修理を依頼することになります。

エアコンの保証期間内であれば、無償で対応してくれる場合もあるため、一度メーカーに確認してみることをお勧めします。

エアコンが冷えない時の対処法④:エアコンを買い換える

エアコンの機能よりも部屋の規模が広く、冷房が上手く効かない場合は、畳数に合わせた新たなエアコンに買い替えることです。

適応畳数以上の部屋を十分に冷やすには、エアコンをフル稼働させることになりますが、その分、無駄な電気代が掛かり、エアコンが故障する可能性も高まるため、お勧めはできません。

そのため、適応畳数に合ったエアコンに買い替えた方が後々の節約につながるでしょう。

エアコンの掃除・修理に掛かる費用について

ここまで、エアコンを長持ちさせるために日頃から意識しておきたいポイントや、エアコンが冷えない時の対処法についてご説明しました。

それでは、実際にエアコンの掃除や修理費用はどのくらい掛かるのでしょうか?

エアコン内部は精密の仕様となっているため、自分で掃除できる範囲が限られており、無理に掃除しようとすると部品を壊してしまったり、部品を元に戻せなくなってしまったりすることがあります。

そのため、プロのエアコンクリーニング業者に依頼することをお勧めします。

掃除・修理の費用①:エアコン内部を掃除する場合

エアコンクリーニングを行う場合の料金相場として、約7,000円~11,000円が目安となります。

エアコンクリーニングに掛かる所要時間は、約1時間~1時間半となります。

掃除・修理の費用②:室外機を掃除する場合

室外機は掃除をしないと内部の部品にカビが生えたり、ホコリが溜まってしまったりとエアコンが効きづらくなる原因となります。

そのため、室外機は定期的に掃除を行う必要があります。

室外機を掃除する場合の料金相場として、約7,000円~10,000円が目安となります。

室外機の掃除に掛かる所要時間は約1時間~1時間半となります。

掃除・修理の費用③:冷媒ガスを補充する場合

基本的にエアコンの冷媒ガスの量は、長年に渡って稼働させても不足することはありません。

しかし、取り付けを行った業者の配管連結ミスや、配管の腐食や経年劣化による破損によってガス漏れが起こります。

そのため、ガス漏れ箇所の修理やガス補充を行う必要があります。

冷媒ガス修理・補充する場合の料金相場として、約6,000円~10,000円となります。

冷媒ガスの修理・補充に掛かる所要時間は、約1時間~1時間半となります。

エアコンを効率良く使うための注意点

ここまでエアコンの掃除や修理に掛かる費用についてご説明しました。

最後に「エアコンを付けると冷たい風が出てこない…」といったことのないように、エアコンを効率良く使うための注意点について見ていきましょう。

エアコンが動かない=故障ではない!

エアコンを付けると冷たい風が出てこなかったり、ぬるい風しか出てこなかったりする場合は、すぐに故障と決めつけないことが大切です。

そのため、「エアコンが冷えない、風がぬるい」などエアコンに困った症状が出てきた場合は次のようなポイントをチェックしましょう。

場所・状態 チェックポイント・対処法
エアコンが
動かない
電源、コンセントを確認する
リモコンの電池を確認する
コンセントを抜き差ししてみる
室外機 室外機の周りをキレイにする、すだれなどで室外機を陰にする
室外機の汚れを確認する、風の温度が低い時は故障を疑う
霧吹きなどで室外機に水をかける、配管に霜がある場合はガス漏れを疑う
室内機 フィルターの汚れを確認する、内部の汚れを確認する
その他 冷媒ガス漏れを確認する、設定温度を確認する
風量を確認する、エアコンの使用期間と経年劣化を確認する

1年に1度はエアコンクリーニングを依頼しよう

エアコンはホコリや汚れが溜まると、部屋が冷えなかったり暖かくならなかったりとエアコン機能が低下します。

そのため、1~2年に1度はプロのエアコンクリーニング業者に清掃を依頼して、定期的にエアコンをメンテナンスするようにしましょう。

業者にエアコンクリーニングを依頼する費用が負担となる場合は、2週間に1度は自分でフィルター掃除を行うようにしましょう。

自分が行える範囲でエアコンフィルターや室外機をキレイにすることによってエアコン機能の低下を防ぐことができ、エアコンを長持ちさせるコツとなります。

エアコンが冷えない原因と対処法、修理費用について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、エアコンが冷えなくなった原因や、エアコンが冷えない時の対処法、エアコンの修理費用についてご説明しました。

エアコンフィルターや室外機の掃除は自分でも簡単に行うことができます。

しかし、エアコン内部の清掃やエアコンの故障があった場合は、自分で対処せずにプロのエアコンクリーニング業者に依頼しましょう。

また何か不具合などがあった場合は、エアコンメーカーやエアコンクリーニングの専門業者に相談することをお勧めします。

快適な日々を暮らすためにも、正しい掃除方法で定期的に手入れを行う習慣を身に付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です