換気扇掃除はどれぐらいの頻度で行うべき?換気扇を綺麗にキープするには?

換気扇掃除はどれぐらいの頻度で行うべき?

「お皿洗いも、ガス台周りもいつもきれいにしている!」という方は多いと思いますが、換気扇の掃除ってどれぐらいの頻度で行っていますか?

手元をよく見ながら掃除が出来るキッチンテーブルと違って、高さもあるし複雑そうな換気扇。綺麗にしたいと思っても、なかなか掃除が出来ないという方も多いのでは?

かく言う筆者も、最近引っ越してきた賃貸の換気扇をなるべく汚さないようにヒヤヒヤしながら様子を見ていますが、いつまで誤魔化し続けられるか…。

今回は、換気扇掃除はどれぐらいの頻度で必要なのか、調べてみました!

理想の換気扇掃除の頻度

換気扇掃除をする主婦

換気扇掃除の頻度について調べてみたのですが、換気扇・レンジフードの掃除は1年に1回程度で大丈夫なんだそうです。

特に、揚げものを普段行わない家庭はもっと頻度が落ちて2~3年に1度の掃除で十分なんだとか。

半年に1回程度行わなければいけないものだと思っていたのですが、使う環境によってはもっと少ない頻度でいいなんて嬉しいですね!

外側の掃除は2~3ヵ月に1度は行うべき

レンジフードの外側は、油で汚れやすくほこりも溜まってしまうので、2~3ヵ月に1回程度掃除を行うのがベストです。

しばらく掃除していないレンジフードを触ると、結構ベタっとしていて不快な汚れが付いています…。

あまり頻繁でなくても大丈夫ですが、気づいたタイミングでレンジフードの外側は拭き掃除を行うようにしましょう。

換気扇の汚れの放置はかなり危険!

換気扇の掃除を長年やらないのはとにかく危険

換気扇は、その名の通り料理をしたときの空気を換気してくれる機械です。長年掃除を行わないことによって十分な換気機能が出来なくなり、キッチン周りのものがべたべたと油っぽくなってしまいます

さらに、換気扇の汚れは料理の時に出る油と空気中のほこりが原因です。汚れで換気扇のフィルターが詰まりだすと…。

フィルターに吸着した油汚れが、どんどん滴り落ちてきます!!つまり、折角のお料理にきったない油が落ちてしまうなんてことにもなります。

頻繁な掃除は不要とはいえ、3年以上放置している換気扇は注意が必要です。

換気扇を綺麗にキープするには?

綺麗に掃除された換気扇

まずは換気扇を綺麗にキープする事がオススメです。

特にまだ換気扇の掃除がそこまで必要がなさそうな場合は、これから汚れを増やさないようにする環境を作るようにしましょう。

おすすめグッズ キッチンの外付けフィルター

筆者のおすすめのレンジフード汚れ防止はこれ!

100均で売っているレンジフードフィルターです!

100均だからと侮るなかれ。キャラクターものから、オシャレな柄、もちろん無地のシンプルなものも販売されています。

テープで貼るタイプや、マグネットで止めるタイプ、フィルターを直接覆うタイプなど用途によって選ぶことができるので、ご自宅の換気扇のタイプに合わせて購入すればOK!

特におすすめなのが、マグネットで取り付けるタイプ。
換気扇のサイズにカットして、マグネットでおさえておくだけ!一人暮らしの小さ目の換気扇でも使えるのでとにかくおすすめです!

外側から換気扇の汚れを防いでくれますし、汚れてきたら捨てて新しいものと取り換えるだけの簡単お手入れです。

おすすめの小掃除タイミング

換気扇の綺麗を保つには、外付けのフィルターを取り換えるタイミングで軽くお掃除をすることが大切です。

「外付けのフィルターが汚れてきたな…」と思ったタイミングで本体のフィルター回りも軽く拭き掃除をしましょう。

油とほこりが付いている部分をこまめに綺麗にすれば、より清潔な状態で換気扇を使用することが出来ます。

かわいい柄のレンジフードカバーを付ければ、汚れが付いたら「交換したい!!」と思って掃除のモチベーションアップにもつながります!

年一の換気扇掃除はプロに任せるべき?

換気扇のメンテナンス

「もう既に換気扇の汚れが壊滅状態でどうしようもない。綺麗にしたらモチベーションも変わるかも…。」というご家庭も少なくないのでは?

あるデータによると、換気扇の掃除は自分で行っていないという主婦が4割以上を占めているんだとか。
つまり年に1回の換気扇掃除はプロに頼んでいる人が多いんです!

長年放置した汚れはちょっとやそっとじゃ落ちない

ちょっとしたほこりや油汚れを落とす程度なら、高い位置にある換気扇でも簡単に掃除が出来そうですが、油汚れがたまりに溜まって鍾乳洞みたいに盛り上がって滴り落ちていたら、もう自分ではどうしようもないですよね。

そうでなくても、ベタベタなフィルターを触ったり細かい部品を自分で綺麗にするなんて無理…。

しかも、長年経って溜まってしまった油汚れは自分の力ではなかなか落とせないのが実情なんです。家庭用の洗剤などでは洗浄力が少なくて、こびりついてしまった汚れは自分で落としにくいものが多いんです。

年に1回のクリーニングで綺麗をキープ!

年に1回、もしくは2~3年に1回、換気扇クリーニングを依頼するだけで綺麗になるのはとにかくおすすめ!

換気扇クリーニングの料金は高くても20,000円弱。そこまで高い頻度で掃除をしなくていいので、たまの出費でキッチンの換気扇が綺麗になると思ったら嬉しいですよね!

年末の大掃除の時や、夏場暑くなる前などに掃除を依頼する方も多いようです。
換気扇の綺麗を守るために、まずはプロに掃除をしてもらってその状態を保つようにこまめに清掃するのがおすすめです。

換気扇掃除の頻度は少なめでもOK!不安な時はプロにお願いしよう!

大掛かりな換気扇掃除は、大体1~3年に1回の頻度で大丈夫!キッチンの使用頻度などで変動はありますが、あまり頻繁に行わなくてOKです。

まずは、普段の仕様の際に汚れが付きにくいようにレンジフードカバーなどを使用しましょう。

すぐにでも換気扇を綺麗にしたいと思うなら、プロの換気扇クリーニングを依頼してみませんか?

今までは綺麗に保てなくても、一度クリーニングを依頼して綺麗にして貰えればモチベーションも変わるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です