口コミで話題の洗剤「茂木和哉」とは?効果や評判をご紹介します

皆さんは「茂木和哉」という名前の洗剤をご存知ですか?
不思議なネーミングのこの洗剤ですが、テレビなど様々なメディアで紹介されたことをきっかけにSNSの口コミで話題になっています。

今回はこの「茂木和哉」の口コミ・評判や上手な使い方をご紹介します。

「茂木和哉」とは?

お風呂を掃除する人

一見洗剤とはわからないインパクトのある名前が特徴の「茂木和哉」は、茂木和哉さんという方が開発した洗剤です。

茂木和哉さんは洗剤を販売する会社の社長で、洗剤職人として様々な洗剤の開発を行なっています。

「茂木和哉」という洗剤は、そんな茂木和哉さんが開発した「水垢専用の洗剤」で、通常の洗剤ではなかなか落ちないしつこい水垢汚れを簡単に落とすことができると評判になっています。

茂木和哉が開発された経緯

そもそも茂木和哉が開発された経緯は、社長の茂木和哉さんの出身地が秋田県であることに関係しています。

秋田県は全国でもかなり温泉が多い土地で、その水にはミネラルが豊富に含まれています。

水垢汚れは水に含まれるミネラルが結晶化して固まることによってできるため、ミネラルが豊富な秋田の温泉では非常に硬い水垢がついてしまうことが温泉地の悩みでした。

茂木和哉はそんな全国でもトップクラスに頑固な水垢汚れを落とすために開発された洗剤のため、水垢に対する洗浄力はかなり期待できます。
もともと温泉用に作られている洗剤なので、普通の住宅の水垢程度なら簡単に落とすことができるでしょう。

茂木和哉なら水垢を簡単に落とせるのはなぜ?

例えば普通のお風呂用洗剤は皮脂などの汚れを簡単に落とせるようになってはいるものの、水垢汚れに対してはあまり効果を発揮しません。

それに対して茂木和哉は水垢だけに特化した効果を持っているので、お風呂やシンク、洗面台の水垢汚れを簡単に落とすことができるのです。

茂木和哉は、最初に弱酸性のスルファミン酸が水垢に対して効果を発揮します。水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を使うことで中和され取れやすくなります。

また茂木和哉には粒子の細かい研磨剤が含まれているため、茂木和哉を使って磨くことで研磨剤が取れやすくなった水垢を落としてくれます。

研磨剤の粒は非常に小さいので、お風呂やシンク自体に傷をつけてしまう危険性もありません。

このように、スルファミン酸+研磨剤という2つの成分が水垢汚れに直接作用することで、簡単に水垢を落とすことができるのです。

安全性に問題は無いの?

これだけ強力な洗剤だと、その安全性も気になりますよね。しかし、その点についても心配は要りません。

まず、茂木和哉は多くの洗剤に利用されている界面活性剤を使用していません。
界面活性剤は便利な反面、人体の健康や自然環境に対して悪影響を及ぼします。

界面活性剤は様々な種類がありその効果も色々ありますが、物によってはタンパク質を破壊するような高い毒性を持つものもあります。

茂木和哉はそんな界面活性剤を使用していないため、素手でも安全に使用することができるようになっています

ただし弱酸性で肌の弱い方は肌荒れの可能性があるので、気になる場合は手袋の着用が推奨されています。

茂木和哉の評判・口コミは?

このように茂木和哉は水垢に対しては高い洗浄力を発揮し安全性も優れているようですが、普段見かけない洗剤を使うのはちょっと不安な部分もありますよね。

200mlで2000円と洗剤としては少々割高なので、気になっているけど購入をためらっているという方も多いのではないでしょうか。

茂木和哉は本当に効果があるのか、口コミでの評判をご紹介します。

茂木和哉に肯定的な口コミ

Twitterでの口コミを見てみると、そのほとんどが肯定的で「水垢が綺麗に落ちた!」というものになっています。

例えばこの方は写真付きで茂木和哉の効果を紹介しており、軽く磨いただけでも簡単に落とすことができると絶賛しています。

他にも茂木和哉を使ったら水垢が簡単に落ちた!という口コミは多く、茂木和哉の実力は本物のようです。

茂木和哉に否定的な口コミ

ただ、中には茂木和哉を使っても落ちなかったという口コミもあります。

長い間放置して固まってしまった水垢に対しては茂木和哉でもなかなか落とせないこともあるようです。

しかし、時間をかけて擦れば落とせるという意見もあるので、茂木和哉が全く効果の無い洗剤だということは無いようです。
汚れの状態にもよりますが、一般的な水垢汚れ程度なら簡単に落とせると思って大丈夫そうなので、水垢に困っている方は購入する価値がありそうです。

茂木和哉の効果的な使い方

洗剤で水垢を落とす人

茂木和哉の基本的な使い方は非常に簡単です。
茂木和哉をスポンジや雑巾などの上に出し、満遍なく汚れに塗り広げながらこするだけです。

だいたい汚れが落ちたかなと思ったら水で洗い流せば、簡単に水垢汚れを落とすことができるでしょう。

このとき、茂木和哉が乾いてしまわないようにするのがポイントです。
茂木和哉は乾くと効果が半減してしまうので、茂木和哉が乾かないように範囲を分けて掃除するようにしましょう。

また、茂木和哉はそのまま塗り広げることで効果を発揮します。
水分などと混ざってしまうと汚れが落ちにくくなりますので、使うときは最初に水気を拭き取るようにしましょう。

落ちにくい頑固な水垢汚れにはスポンジではなくラップを使うこともおすすめされています。
ラップを丸めてスポンジと同じように茂木和哉を使って汚れを擦ると、取れにくい水垢もピカピカにすることができます。

普通の使い方では汚れが取れない時

もし基本的な使い方で水垢が取れなかったら、頑固な汚れを落とすための使い方を試してみてはいかがでしょうか。

頑固な汚れを落とすには、まず最初に中性洗剤で軽く洗い、水気を拭き取ります
こうすることで、茂木和哉を使った時により汚れを落としやすくなります。

次に、茂木和哉を汚れに塗り軽くこすった後、その上からラップをかけて5分以上放置します。

この一定時間放置するというのがポイントで、茂木和哉の成分が汚れに浸透して頑固な汚れでも落とせるようになります。
時間を置いたら再度こすって水で流せば、大抵の汚れは落とし切ることができるでしょう。

茂木和哉が使えるもの・使えないもの

茂木和哉は以下のようなものに対して効果を発揮します。

推奨している場所
・シンクや蛇口、お風呂などの水垢汚れ
・便器についた尿石(便器の黄ばみ)
・工具や自転車などのサビ
・IHや鍋の底の掃除

お風呂だけでなくキッチン掃除にも役立ちそうです。

しかし、いくつか使ってはいけないものもあるので注意が必要です。
使ってはいけないものには以下のようなものがあります。

ここはNG
・曇り止めなど、特殊加工が施された鏡
・プラスチック製・ステンレス製の鏡
・浴室以外の鏡、ガラス
・車のミラー
・大理石(人工のもの含む)

特殊加工がされた鏡などに使用するとせっかくの加工が取れてしまい逆に見にくくなってしまうこともあります。
これらの製品に対しては絶対に使わないようにしてください。

茂木和哉の効果・評判まとめ

茂木和哉は水垢汚れに特化した洗剤で、水垢だけでなく他にも様々な汚れに対して使うことができます。

口コミでは「茂木和哉を使ったら簡単に水垢が落ちた!」という声が多く、その実力は本物のようです。

使い方も簡単なので、水垢汚れに悩んでいる方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です