液晶テレビの掃除の方法は?正しいテレビ画面の拭き方や注意点を紹介

液晶テレビは使う頻度が高く、リビングでもとても目立つ家電の一つです。液晶テレビが汚れていると部屋の印象も悪くなりますし、きちんとお手入れしなければなりません。液晶テレビの手垢や指紋・ほこりなどを簡単にきれいにする掃除方法を紹介します。

液晶テレビによくある汚れ

角度によって汚れた部分が目立ってしまう液晶テレビですが、なぜすぐ汚れたりほこりをかぶったりしてしまうのでしょうか?液晶テレビに付きやすい汚れをまとめました。

指紋・手垢

液晶テレビの汚れの中で特に目立つのが、指紋や手垢です。液晶には保護剤が塗ってあり、最近の液晶テレビはグレア液晶という光沢のある素材の液晶が多く、指紋や手垢がよけいに目立ってしまいます。
大人だけで暮らしている場合指紋や手垢がつくことは少ないですが、小さな子供と一緒に住んでいるファミリー世帯は、子供が液晶をべたべた触ったりすることは多く、仕方のないことです。
しかし指紋がついているとテレビを見ているときに気になって集中できなかったり、不潔な感じがするのも嫌ですので、簡単にできる掃除法で、こまめにきれいにします。

ほこり

液晶テレビには気付くとほこりが付いていたり、掃除をしていてもすぐほこりがたまってしまいます。液晶テレビなどの家電製品は静電気によって空気中のほこりを吸着させてしまうので、周りの家具や棚などに比べてほこりが付きやすくなっています。

唾やくしゃみ

生活の中で咳やくしゃみをすると、その唾液などが液晶にくっついてしまいます。これは仕方のないことですが、唾液が飛んでしまった場合はすぐに拭き取ることを心がけましょう。

ペットの毛

ペットを飼っている家は、ペットの抜け毛が液晶テレビ付いてしまって困っている人も多いと思います。ペットの毛もほこり同様、静電気でテレビなどの家電製品に吸着してしまうので、こまめな掃除を行います。

液晶テレビの掃除方法

それでは、液晶テレビの正しい掃除方法を紹介します。
液晶テレビの掃除は、まずはほこりやペットの毛などをきちんと落としてから、手垢や指紋などをきれいにしていきます。また、アルコールは液晶の保護剤が剥がれてしまったり変色の恐れもあるので、使用は避けてください。

用意するもの

  • ハンディーモップ
  • マイクロファイバークロス
マイクロファイバークロスは、ナイロンやポリエステルからできた極細の繊維を使用したマイクロファイバー素材のクロスで、洗剤を使わなくても汚れが落ちやすく吸収性も高く、さまざまな場所の掃除に使用されています。

やり方

①テレビの電源を切る
②ハンディーモップを使って液晶テレビのほこりを落とす
※液晶だけでなく、テレビ本体や側面・裏側・テレビ台・コンセント類も一緒に
③マイクロファイバークロスで優しく円を描くように、手垢や汚れを落とす

汚れがひどい場合は、固く絞った雑巾や液晶テレビ専用のウェットシートなどを使うと良いです。普段使っている除菌シートは画面を傷つけてしまうため使用しないでください。
液晶テレビの基本的な掃除はハンディーモップマイクロファイバークロスがあればできるので1週間に1回、少なくとも1か月に1回は行うことが望ましいです。

おすすめの液晶テレビ掃除グッズ

液晶テレビ専用のお掃除グッズを使うと、より簡単にきれいに掃除をすることができます。乾拭きでは落ちにくい汚れも、専用のシートやスプレーなら安心して使えます。

レック 激落ち ウェットシート 液晶テレビ用

液晶テレビ専用のマイクロファイバー入りのウェットシートですので、マイクロファイバークロスだけでは落ちない手垢や油汚れをスッキリ落とすことができます。また、拭いた際に拭き筋が残りにくく速乾性に優れているので、二度拭きの必要がなく手軽に使えます。

エレコム クリーニングリキッド ディスプレイ用

アルコールフリーでディスプレイの手垢や汚れがスッキリと落ちる、ディスプレイ専用のクリーナースプレーです。指紋や油汚れに強く、アルコールを使用していないので低刺激で手荒れやすい人にもおすすめです。帯電防止効果があるので、ほこりが再付着するのを抑えてくれます。

エレコム 除電ブラシ ほこりとり すきま用ブラシ付き

液晶テレビのディスプレイやOA機器のお掃除に最適な2種類の毛が付いた回転タイプのクリーニングブラシです。帯電防止繊維が入っていて、ブラシがほこりと同時に機器表面の静電気も除去し、ほこりをつきにくくしてくれます。液晶テレビなどの電気機器本体を傷つけにくい柔らかい毛と細かな隙間のお掃除に便利な硬い毛が付いていて、グリップ部分を回転させることできて硬い毛を収納することもできます。

エレコム クリーニングクロス 静電気抑制タイプ

拭き取った汚れが見えて効果が分かる、ブラックタイプのクリーニングクロスです。超極細繊維で編んだ生地を特殊加工により更に高密度化したクロスで、力をいれずに画面を拭くだけで汚れをきれいに落とすことができます。指紋や手垢などの皮脂汚れもしっかりと除去し、ほこりもしっかりと取ってくれます。ほこりの再付着を防止する帯電防止加工を施した静電気抑制タイプで、水洗いできるので洗って繰り返し使用出来るところもうれしいポイントです。

液晶テレビの掃除のポイントと注意点

液晶テレビは傷つきやすく部品によって使う洗剤も異なるので、掃除をする際は下記の点に注意しましょう。

・少しの汚れ拭きの場合でも、掃除の前は必ず電源を切る
・身近にあるティッシュは液晶が傷ついてしまうので使用しない
・アルコールやエタノールは保護剤を剥がす危険があるので使わない
・基本的に水拭きはしてはいけない
・油汚れはキッチンペーパーで拭き取ると落ちやすい
・除電ブラシを使うと静電気がおきないので掃除しやすくなる
・テレビの近くで食事をする際は保護カバーを付けると汚れ防止になる

液晶テレビの掃除方法まとめ

使う頻度の多い液晶テレビは、汚れたらすぐに掃除をすることが望ましいです。掃除の方法は簡単であるため、ポイントを抑えておけばすぐにきれいにすることができます。

液晶テレビの掃除のポイント
  • 付いてしまった汚れはなるべくすぐに拭き取る
  • ハンディーモップとマイクロファイバークロスがあれば基本的な掃除はできる
  • 水拭きはしない
  • アルコールやエタノールは使用しない
  • 液晶テレビ専用の掃除グッズを活用する

時間がないときは、ハンディモップでほこりを取るだけでも十分効果はありますので、液晶テレビの近くに用意しておくこともおすすめです。
ポイントや注意点を守って定期的に掃除をし、きれいな液晶テレビをキープしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です