エアコンから「ポコポコ」と異音がする!これって故障?原因と対処法

エアコンから異音

「エアコンから『ポコポコ』『カタカタ』と異音がする」
「室外機の音が響いてうるさい」
今までなかった音が聞こえると、「もしかして故障?」と焦ってしまいますよね。

今回はそんな「エアコンや室外機の異音」についてまとめてみました。

異音の原因や自宅で簡単にできる対処法についても詳しくご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

エアコンの異音の原因とは?音別に分析!

エアコンの異音は何が原因で発生しているのでしょうか?

「ポコポコ」「カタカタ」「キュルキュル」「ミシミシ」など、エアコンの異音の種類は複数あります。
そんな様々な異音を種類別に分析してみました。

音の鳴り方によって、異音の原因や故障の有無を推測できます。業者に頼まなくてもご家庭で対応できる対処法を中心にご紹介します。

異音1.ポコポコ、ボコボコ

エアコンの本体からする「ポコポコ」「ボコボコ」といった異音の正体は、ドレンホースという排水用ホースに入り込んだ空気です。

風が強い日や、室内で換気扇を回している時によく起こる異音なので、エアコンの異音と言えばこの音を思い出すという方も多いのではないでしょうか。

この異音は、一軒家よりもマンションの方が構造上隙間が少なく気密性(密閉した内部の気体が外部に出ずに留まる性質)が高いため、発生しやすいようです。

ポコポコ、ボコボコ異音の解消法

窓や通気口を開けることでエアコンの音は治まります。
室内と外の気圧差や天候が原因なため故障の可能性は低く、換気で音がおさまることが多いです。

しかしまれにドレンホースが詰まって水がうまく排出されないことで「ポコポコ」「ボコボコ」と異音がするケースもあるため、ホースの詰まりや水漏れも確認してください。
もし、ホースなどの異常が見られたら業者さんに相談してみるのもおすすめです。

異音2.カタカタ、ガタガタ

「カタカタ」「ガタガタ」といった異音は、エアコンのフロントパネル(カバー)や本体内部の部品がしっかりとはまっていない時に起こります。
フィルター掃除をしたら、異音がしたので「どこか壊してしまったのでは…?」と心配になったなんてことも。

カタカタ、ガタガタ異音の解消法

フィルター掃除やフロントパネルを開閉した際は、しっかり正しい位置にはまっているか確認してから電源を入れましょう。

エアコン運転時は、冷たい風や暖かい風を発生させる中で、わずかですが振動しています。
フロントパネル(カバー)やフィルター、ダストボックスが定位置に固定されていないと、その振動によってずれる度「カタカタ」「ガタガタ」鳴るというわけです。

異音3.キュルキュル、ヒュルヒュル

「キュルキュル」「ヒュルヒュル」という異音は、フィルターに詰まったホコリや汚れが原因かもしれません。

また、中のファンモーターの故障などが考えられます。

室内ファンモーターは、エアコン運転時にかなりのスピードで回転し続けているのですが、ファンにホコリなどが詰まって動きが悪くなってしまった場合、モーターが「キュルキュル」と苦しそうな音を発生させます。

キュルキュル、ヒュルヒュル異音の解消法

まずはフィルターを取り外し、掃除機や水洗いでホコリを取り除きましょう
ホコリが溜まったままだと、エアコンの異音の原因になるだけでなく、冷暖房の効き目も悪くなってしまいます。

水洗いをした後はしっかり乾かしてから取り付けてください。「どうせ風にあてるんだから!」とそのまま取り付ける方もいるようですが、カビや故障の原因になってしまいます。

フィルター掃除をしても異音が解消されない場合は、室内ファンモーターの異常の可能性があります。

室内ファンモーターの不具合の場合家庭での修理は難しいので、メーカーに問い合わせるか、賃貸の場合は大家さんなどに連絡を取り修理を頼みましょう。

異音4.コンコン、トントン

「コンコン」「トントン」と壁を叩いているような異音がする場合もあります。

この音の正体も、ドレンホースに入り込んだ空気が原因です。

音の響き方は住環境によって大きく変わる上、感じ方も人それぞれですが、「ポコポコ」「ボコボコ」と同様に、室内外の気圧差や天候によって起こります。

こちらも窓や通気口を開けて、異音が収まるか試してみましょう。

異音5.ミシッ、ミシミシ

「ミシッ」「ミシミシ」という異音の原因は、エアコン内部の部品やパーツの収縮です。

暑い夏に一気に冷房で温度を下げようとしたり、真冬に暖房で温度を上げようとしたりすると、大きな寒暖差が生じます。

その寒暖差により、エアコン本体の素材であるプラスチックや内部の熱交換器が収縮・膨張するため、軋みが起きて「ミシッ」「ミシミシ」という異音がするというわけです。

寒暖差はエアコンの電源を切った後も生じるため、運転していない時にも鳴ることがありますが、故障ではないため心配は無用です。

しかしこの軋む音があまりに頻繁に鳴る場合は、寒暖差以外の原因も考えられます。

音の大きさや頻度が気になる際は、早めにメーカーや専門家に問い合わせましょう。

エアコン本体ではなく室外機からの異音

異音はエアコン本体からだけではなく、屋外に設置している室外機から発生することもあります。

隣の家やマンションの下の階に響いていないか非常に気になりますよね。

室外機から異音がする場合の対処法についてもご説明します!

室外機からの異音の対処法1

室外機はベランダや庭など屋外に設置しているため、外の枯葉やゴミ、虫などが入り込み、異音の原因となるケースがあります

そんな外部からの侵入を防ぐのに有効なのが、ドレンホースキャップです。

ホームセンターやネットショップはもちろん、最近では100円ショップでも取り扱いがあります。

1000円以内で購入できて取り付けも簡単なので、手軽に異物の侵入を防ぐことができます。

室外機からの異音の対処法2

室外機が正常に運転していた場合でも、振動音が大きく響いてしまって、異音・騒音と感じてしまうこともあります。

そんな時は、防振ゴムやシート、マット等を敷くのも有効です。

防振ゴムなどはホームセンターやネットショップで、数百円から2000円程で購入できます。

設置する際は室外機を持ち上げなければならないため、故障や怪我を防ぐためにも軍手をはめ、大人2人以上で作業した方が良いでしょう。

異音がしなくても不具合がある場合も

エアコンは使用頻度が高く、非常に電力を消費するので、比較的異音が発生しやすい機器です。

よってこういった音が聞こえたからと言って、故障や不具合を過度に心配する必要はないでしょう。

しかしホコリやドレンホースの詰まりは、音以外の影響が表れることもあります。

具体的にはカビや雑菌の繁殖、水漏れ、ファンモーター、熱交換器の不具合といったリスクが挙げられます。

カビや雑菌が繁殖すると、咳が出たり、アレルギーの原因になったりと、健康にも害を及ぼします。

そのため、フィルターやファンの掃除、ドレンホースのチェックなどは定期的に行いましょう。

エアコンや室外機から異音がする!原因と対処法まとめ

ということで今回は、「エアコンの異音の原因と対処法」についてお届けしました。

「ポコポコ」「ミシミシ」といった音は、天候や住環境によるものが大きいため、あまり心配する必要はありません。

また、フィルターやファンの掃除をすることで、異音が解消されることもあります。

定期的に掃除しているにも関わらず、異音が改善されなかったり悪化してきた場合は、専門業者に依頼しましょう。

自宅でのエアコン掃除には限界があるため、自己判断せず、プロに見てもらった方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です