エアコンクリーニング中に立ち合いは必要?作業中の時間の過ごし方

エアコンクリーニングを業者に頼む際、作業中の立ち合いは必要なのでしょうか?お茶菓子や飲み物を出す必要はあるのか、事前に準備をしておく物はあるのかなど、エアコンクリーニングをお願いする際に必要な知識もまとめて紹介します。

立ち合いは必ず必要ではない

エアコンクリーニングを業者にお願いする際は、作業中の立ち合いは必要ではありません。最初と最後にクリーニング内容の説明を受ける際は必ず立ち会いをお願いされますが、それ以外の時間は別の部屋で過ごしても問題ありません。

作業中は何をしてればいい?

エアコンクリーニングの作業中は、何をして過ごしたら良いか分からなかったりなんだか気まずいと感じる方も多いのではないでしょうか。
実際、作業中は「普段と変わらず自由に、したいことをしていてもらいたい」という業者側の意見が多くみられました。エアコンクリーニング業者さんはお客様の家にお邪魔させて頂いているという考えなので普段と同じように気にせずに過ごして欲しいそうです。
同じ部屋でテレビを見たりソファーでくつろいでいたり、エアコンのクリーニングに興味がある人は作業をじっと観察していても大丈夫です。

作業中に外出できる

エアコンクリーニング作業中に外出が可能な業者さんもあるので、その場合はトラブル回避のため貴重品管理をしっかりと行い作業終了時時間前には戻るようにします。外出する際は必ず声をかけ、必要なものがないかなど確認をしておくと良いです。
また、忘れがちですがエアコンのリモコンの場所もきちんと説明しておくと親切です。

当日までの準備

エアコンクリーニングの当日慌てずに対応するために事前にどんな準備をしておけばよいのか、飲み物やお茶菓子は必要かなど事前に知っておきたい情報をまとめました。

エアコン周辺の片づけ

エアコンクリーニングではエアコンの下が作業場となります。そのためエアコン周辺に専用の掃除用具や脚立を置いたりしますので、エアコン周辺の場所を少し広めに確保しておくと良いです。大きな家具がある場合はあらかじめ移動しておくか、難しい場合は家具を布やビニールで覆っておきます。
また、専用の道具などで大荷物が予想されるので、玄関や業者さんが通る道もなるべく物を置かず広いスペースを取っておくと良いです。

水回りの掃除

エアコンクリーニングではエアコンのフィルターや取り外しできるパーツを洗ったりする場合、お風呂場などの水回りを使うことは少なくはありません。そのため前もって水回りをきれいにしなるべく物を置かないように気を付けておくと良いです。「ご自由にお使いください。」など声をかけておくと親切です。

飲み物やお茶菓子は必要ない

飲み物やお茶菓子などは出した方がいいのか気になる場合もありますが、今は昔と違い飲み物などの用意は必要ありません。
クリーニング業者さんもスケジュールで動いているため逆に時間をかけてしまう場合もあるので、もし飲み物を渡す場合は作業の前か後にペットボトルや缶の飲み物を渡すことをおすすめします。

▼「エアコンクリーニング業者に飲み物の差し入れを出してあげるべき?」はこちら

エアコンクリーニング当日の流れ

エアコンクリーニングの当日の流れを知っておくことで、何かあっても焦らずに対応できるので大まかな流れを説明します。

スタッフ到着

事前に予約しておいた時間にエアコンクリーニングの業者さんが到着します。早まったり遅れたりする場合は当日連絡が来るので、きちんと対応ができるように時間に余裕をもって準備をしておくと良いです。

作業の説明(立ち合い)

その日の作業の流れやクリーニングの最終確認を行いますので、なにか少しでも疑問に思うことがあればここで質問をしておきます。エアコンクリーニングを行ってもらう側も、当日の流れをしっかりと把握しておくことが大切です。

エアコンクリーニング作業開始

早速クリーニング作業が始まりますが、この間は部屋を離れても大丈夫なので自分のしたいことをして過ごすことができます。作業時間は大体1時間~3時間ほどかかりますので、外出したい場合は作業説明の際に聞いておくと良いです。

作業終了後、最終確認

作業が終了したらきれいになったエアコンの確認を行いますので、この時は必ず立ち会います。もし気になるところがあればこの時に伝えると、その箇所の清掃作業を引続き行ってくれる業者さんもあります。

支払い

全ての作業が完了し確認が済んだら支払いを行うので、この時も内容や金額に間違いがないかしっかり確認します。支払いが終わったらエアコンクリーニングは終了になります。

知っておきたいポイント

エアコンクリーニングをお願いする場合に気を付けることや知っておきたいポイントはどんなところでしょうか?立ち合いのタイミングや作業中の注意点などを紹介します。

最初と最後は立ち会う

エアコンクリーニングの作業を開始する前に作業の内容などの説明があり、作業終了後もクリーニング内容の確認や料金の支払いもあるのできちんと立ち合いが必要です。

作業の邪魔にならないようにする

エアコンクリーニングの作業が始まったら、作業者の方への話しかけは必要最低限にとどめます。作業に集中している場合迷惑になってしまいますし、タイムスケジュールがずれてしまい急がせてしまうこともあるからです。
作業を観察することは問題ないですが、必要以上に話しかけたりエアコンの周りに行くなどの行動は避けた方が良いです。

貴重品の管理でトラブル防止

作業中に別の部屋で過ごしたり外出をする際は、トラブル防止のため貴重品の管理などをしっかりと行うことが大切です。お互い安心して作業ができる・任せられるような環境を作るようにします。

近隣駐車場の確認

駐車場の確保をお願いされることはほとんどありませんが、業者さんに聞かれた際にすぐ答えることができるように近くの駐車場を確認しておくと親切です。

エアコンクリーニング中の立ち合いまとめ

業者さんにエアコンクリーニングをお願いする際は、作業開始と終了の時間は必ず立ち合いをします。作業内容の確認や当日の流れを聞き、終了後もきちんと自分の目で確認することが大切です。

ポイント
  • 作業前後は必ず立ち会う
  • 作業中は自分の自由に過ごす
  • 作業中はなるべく話しかけない
  • 外出する際は声かけと貴重品管理をする
  • 清算の前にきれいになったエアコンをしっかり確認する

今回紹介したポイントや当日の流れを知っておけば、当日はエアコンクリーニングの業者さんに安心して作業をお任せすることができます。
また、作業中に外出できる業者さんもあったり意外と自由に時間を使えるので、休日にエアコンクリーニングを頼んでも自分の時間を削られずに過ごせます。
2~3年に1回はプロのエアコンクリーニング業者に掃除を頼んで、気持ちよくエアコンを使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です