賃貸の場合エアコンクリーニングは必要?清掃代は誰が負担するべき?

賃貸物件を借りると、備え付けてあることの多いエアコン。

退去時にクリーニング料を負担するのは、借主か貸主のどちらなのでしょうか?

また、住んでいる間にクリーニングしたくなった時は、貸主の許可なく勝手にクリーニング業者を呼んでも良いのでしょうか?

今回は、そうした賃貸でのエアコンクリーニングについてのお悩みについて解説していきます。

契約内容などを詳しく知らないままクリーニングを進めてしまうと、損をしたり、トラブルの元になってしまうこともあるので、どうすれば良いのかをしっかりと確認してから進めることが重要です。

そこで今回は、賃貸住居でのエアコンクリーニング費用は誰が負担するべきなのか、入居退去時に清掃をする必要はあるのかといったことをまとめてご説明します!

賃貸の場合エアコンクリーニングはどうすれば良いの?

賃貸 エアコンクリーニング

賃貸では、退去時にエアコンクリーニングを自分で行わなければならないかどうかや、自分で勝手にクリーニング業者を呼んで良いのかなど、エアコンクリーニングに関して分かりにくい部分が多いですよね。

それに加え、「クリーニングを頼んだ場合その費用は誰が負担するのか」という点も問題になることが多いです。

結論から言ってしまえば、これらの問題は賃貸借契約書によって対応の仕方が変わってきます。

自分がどのように対応するべきかを知るためには、まず最初に契約書を確認することが大切なのです。

賃貸での費用負担はトラブルの元

実際、エアコンクリーニングなどの費用を誰が負担するのかについては賃貸でトラブルになりやすい問題の1つです。

国土交通省が発表しているガイドラインでは、クリーニング料などの費用は賃貸人(=大家さん)が負担することが示されてます。

しかし、契約書に「特約」として清掃料が賃借人が支払う条文が追加されている場合がとても多く、賃貸を借りた時点で契約書には同意していることになるためクリーニング代を払わなければならない事例が続出しています。

「契約書の内容を知りませんでした」はもちろん通用しませんので、賃貸を借りる時はもちろん、退去する時にも契約の内容を良く確認することを忘れないようにしましょう。

「もう退去しちゃった…」というような方でも、契約書にない料金を請求されている場合であれば事後に返金してもらえることもあるようです。

退去時の費用についてまだ疑問や不満がある方は、もう一度契約書を見直してみてはいかがでしょうか。

賃貸の退去時にエアコンクリーニングは必要?

賃貸 退去時 エアコンクリーニング 必要

まず、退去する時のエアコンクリーニングの必要性についてお話します。

退去時にエアコンのクリーニングが必要になることはほぼありませんが、使い方や契約によっては自分でクリーニングを依頼したり、費用を負担する必要があります。

基本的にはクリーニング料は必要ナシ

賃貸を退去する時には、「原状回復」の義務として、部屋を入居時と同じ状態にしてから退去する必要があります。

しかし原状回復にかかる費用は「敷金」として事前に預けてあることが多いため、大家さんが敷金を使ってエアコンクリーニングをする場合がほとんどです。

そのため、基本的には自分でエアコンクリーニングを呼んだり、エアコンクリーニングの費用を負担したりする必要はありません

契約の内容などにもよりますが、退去時の費用を賃借人が請求されることは少ないのです。

クリーニング代金を負担しなければならない場合

しかし、いくつかの場合においては自分でエアコンクリーニングを以来したり、費用を負担しなければならないこともあります。

ぜひ自分の状況も確認して、少しでも退去の費用を抑えましょう!

1.「特約」が存在する場合

先述のような特約が存在する場合は、賃借人は契約を遵守する義務があるためクリーニング代を自分で負担しなければならないのです。

それに加えて入居時に敷金を支払っていない場合では、壁紙やフローリングの修繕費も合算して請求されることとなります。

「初期費用を抑えようとしたら、後からのクリーニング代が怖いことに,,,」のようなことにならないように、自分が今入居している物件の契約がどのようなものだったのか、しっかり確認しておく必要があります。

2.賃借人の過失がある場合

主な例として挙げられるのは、湿気による床のたわみやカビの汚れ・タバコのヤニ汚れなどです。

これらは、実際に借りて住んでいた人の掃除不足が原因で生じた汚れのため、クリーニング代は賃借人が負担する必要があります。

エアコンンの場合では、内部のカビ汚れ付着やタバコによる黄ばみが酷かった場合で、清掃料金を請求されることがあるようです。

クリーニング代を抑えるためにも、普段からこまめにお掃除をしてお部屋を綺麗に保っておくようにしましょう。

エアコンクリーニングは勝手に呼んでも大丈夫?

エアコン 業者 勝手に呼んでも大丈夫?

では、退去前にタバコのヤニ汚れを取っておきたいという場合や、普段生活している間にエアコンの汚れが気になったという場合では、勝手にエアコンクリーニングを呼ぶことはできるのでしょうか。

賃貸に住む上で、貸主とのトラブルは最も避けたいことです。

この記事を読んで、皆さんのお悩みを解決しましょう!

まずは大家さんに相談!

どんな契約内容や状況であっても、勝手にエアコンクリーニングを呼ぶことは避けましょう。

勝手にエアコンクリーニングを呼んだりすることはトラブルの原因にもなりますので、まずは賃貸人に連絡して指示を仰ぐことが大切です。

例えば、万が一クリーニング中にエアコンが壊れてしまったりすると費用負担などのトラブルになりかねないため、必ず連絡を入れるのを忘れないでくださいね。

住宅の所有者の連絡先は賃貸借契約書に明記されていることが多いですが、もし分からなければ管理会社に仲介してもらうのも選択肢です。

また、この後詳しく解説しますが場合によってはクリーニングの費用を負担してもらえることもあるので、大家さんへの連絡は忘れないようにしましょう。

自分でエアコンを設置した場合も連絡を忘れずに

大家さんに連絡する必要があるのは、元から備え付けてあるエアコンをクリーニングする場合だけではありません。

自分で部屋に設置したエアコンのクリーニングを呼ぶ場合でも大家さんに連絡をする必要があります。

エアコンクリーニングをしてくれる業者はプロの方ではありますが、壁や家具を汚してしまったり、破損させてしまったりといったことが絶対ないとは言い切れないからです。

どちらに転んでもトラブルの原因になってしまう可能性がありますので、自分所有のエアコンのクリーニングをする場合でも大家さんの許可を取るようにしましょう。

エアコンクリーニングの費用は誰が負担するの?

エアコンクリーニング 費用負担

エアコンクリーニングの費用を負担しなければならない人も場合によって様々です。

自分で費用を負担しなければならない場合

自分でクリーニング代を負担する必要がある場合は、主に2つです。

1つは、自分で設置したエアコンのクリーニングを依頼する場合です。

自分のエアコンなので当たり前ではありますが、この場合は大家さんに費用を負担してもらうことはできません。

2つ目は長い間その賃貸に住んでいて、汚れが溜まってしまっている場合です。

入居後1年以上など一定期間が経過している場合では、エアコンが汚れているのは使い方が悪かったり基本的な掃除を怠ったのが原因とされ、クリーニング代を払ってもらえないことがほとんどです。

普段からフィルターを掃除して、ある程度の綺麗さを保っていくことで退去時までクリーニング代を払う室用が無くなります。

大家さんに負担してもらえる場合

しかし、入居してすぐにエアコンから異臭がした場合など、入居直後のエアコントラブルは大家さんに費用を負担してもらうことができます

他には普通に使用していてエアコンが壊れてしまった場合などは、大家さんが費用を負担してくれることが多いようです。

ただし、大家さんが費用を負担してくれるかどうかや、どれだけの割合を負担してくれるかは状況や大家さんの判断によって異なります。

古い機種を使用している場合は、新しいエアコンに付け替えてもらえることもあるようです。

まずは賃貸人に相談してみて、自分に過失があれば自費で、自然故障であれば大家さん負担で、ということが原則なので忘れないようにしましょう!

まとめ|賃貸のエアコンクリーニングはどうすればいい?

賃貸のエアコンクリーニングを勝手に行うのはトラブルの原因になります。まずはどんな場合であっても、大家さんに連絡することを忘れないようにしましょう。

また、退去時や入居直後においてはクリーニング代を大家さんが負担してくれることが多いですが、自分でエアコンを設置したり長い間住んでいて自分が掃除しなかったことが原因の場合は自分で負担しなくてはいけません。

とにかくトラブルを避けるためには。下記のような点に注意するとトラブルを避けることができます。

  • 契約書の内容を何度も確認すること
  • 大家さんに事前に相談すること

賃貸で穏便にクリーニングを済ませるには、この2点が大切です。

エアコンクリーニングでお困りの方は、ぜひ今回の情報を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です