引っ越し時のハウスクリーニング費の相場は?メリットとデメリットも

引っ越し時のハウスクリーニング

賃貸住宅の退去時に「敷金をできるだけ取り戻したい!」入居時に「キレイに掃除をした部屋で住みたい!」など、引っ越し前後にハウスクリーニングを行う人が増えています

ハウスクリーニングは賃貸会社との契約する際にオプションに含まれるケースが多いですが、実際にハウスクリーニングを依頼する場合だと費用の相場はどのくらいになるのでしょうか?

そこで今回は、引っ越し時のハウスクリーニング費の相場や、ハウスクリーニングを行うメリット・デメリット、おすすめのハウスクリーニング業者について紹介していきます。

引っ越し時の必要なハウスクリーニング費用の料金相場

ハウスクリーニングは賃貸会社との契約の際にオプションとして含まれることが多いです。

しかし、自分でハウスクリーニング業者に掃除を依頼した場合、費用はどのくらいになるのでしょうか?
そこで、引っ越し時に必要なハウスクリーニング費用の料金相場について見ていきましょう。

そもそもクリーニング費用は誰が負担するの?

「そもそもハウスクリーニングの費用は誰が負担するの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

原則的にハウスクリーニングの費用は貸主が負担することになっています。

また、借主と貸主の間でトラブルを回避するために、国土交通省が「現状回復をめぐるガイドライン」を定めています。

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン-国土交通省

このガイドラインには、「通常使用における劣化や汚れについての修繕費や掃除費は、貸主が負担すること」と明記されています。

ただし、通常使用とは認められない故意の汚れや破損・破壊についての修繕費や掃除費、借主が負担しなければいけません。

このように多くの場合は、賃貸契約時に「退去時のハウスクリーニング費用は負担する」といった特約を定めており、敷金から修繕や掃除に必要なハウスクリーニング費用を差し引く形を取っています。

そして、ハウスクリーニング費用を差し引いて残った金額を借主に返却する流れとなります。

ハウスクリーニング費用の料金相場

ハウスクリーニングを行う料金相場は、次のようになります。

部屋の広さ(間取り) 料金
1ルーム 30,000円~45000円
1LDK 30,000円~80,000円
2LDK 50,000円~90,000円
3LDK 70,000円~100,000円

ハウスクリーニング費用の相場は、部屋の広さや部屋の汚れ具合、掃除が必要な箇所によって大幅に変わってきます。

またハウスクリーニング業者によって、床のワックスが込みだったり、水回りを部分的に掃除をする内容だったりと様々なプランがあります。

そのため、依頼する部屋の広さや掃除する箇所を把握した上で

  • どのくらいの予算感で行いたいのか
  • 部分的に掃除を行いたいのか
  • 全体的に掃除を行いたいのか

などを見積の時にハウスクリーニング業者に相談してみると良いでしょう。

引っ越し時にハウスクリーニングを行うメリット

ここまで、ハウスクリーニング費用の料金相場についてご説明しました。

では、引っ越し時に自分でハウスクリーニングを行った場合どのようなメリットがあるのでしょうか?

退去時にハウスクリーニングを行うメリット

原則的にハウスクリーニングは不動産会社や貸主が行うことが多いですが、契約によっては借主が行う必要がある場合もあります。

先述しましたが、基本的には換気扇の油汚れや洗面台の汚れなど原状回復に必要なハウスクリーニング費用は敷金から差し引かれる形となります

そのため、できる限り安い料金でハウスクリーニングを行ってくれる業者に依頼すると、敷金が返ってくるため、結果的にお得に引っ越しをすることが可能となるでしょう。

入居時にハウスクリーニングを行うメリット

入居前のほとんどの物件は、ハウスクリーニングを行った後となります。

しかし、中にはハウスクリーニングを行ってから一定の期間が空いていたり、ハウスクリーニングの箇所が行き届いていなかったりと「住んでみると以外と汚れている…」といったことも珍しくはありません。

そのため、荷物が入った後にハウスクリーニングを依頼するよりも、入居前の空室の状態でハウスクリーニングを依頼すると安く済ませることが可能となります。

キレイな状態で新居生活を行うためにも、不動産会社や貸主に任せずに自分でハウスクリーニングを依頼しましょう。

引っ越し時にハウスクリーニングを行うデメリット

ここまで引っ越し時にハウスクリーニングを行うメリットについて説明しました。

引っ越し時にハウスクリーニングを行うとことはメリットも多いですが、その一方でデメリットもあります。

退去時にハウスクリーニングを行うデメリット

退去時に自分でハウスクリーニングを行うデメリットとして不動産会社や貸主が仕上がりに承認をしてくれない場合があります

不動産会社や借主と既に提携しているハウスクリーニング業者があるため、自分でハウスクリーニングを行ったにも関わらず、敷金からハウスクリーニング費用を差し引かれるケースがあります。

そのため、自分でハウスクリーニングを行う場合は、きちんと不動産会社や貸主に自分でハウスクリーニング業者に依頼して良いかどうかを確認するようにしましょう。

入居時にハウスクリーニングを行うデメリット

入居時にハウスクリーニングを行うデメリットとしては、自分で行うよりも費用が掛かってしまうことが挙げられます

また、ハウスクリーニング業者を選んだり、日程の調整をしたりすることで手間が掛かるでしょう。

最近では、清掃中の立ち合いを行わなくてもいい業者が増えてきましたが、清掃の完了後に仕上がりを確認する必要があるため、予定を空けておく必要があります。

既に入居前にはハウスクリーニングが済んでいるため、気になる箇所だけ自分でキレイにしても良いかもしれませんね。

おすすめのハウスクリーニング業者3選!

ここまで、引っ越し時にハウスクリーニングを行うデメリットについて説明しました。

最後におすすめのハウスクリーニング業者を3社ピックアップしましたので、是非参考にしてみてください。

それでは、おすすめのハウスクリーニング業者3選をご紹介していきます。

ハウスクリーニング業者①:おそうじ本舗

おそうじ本舗

ハウスクリーニング業界の成長企業として知られ、全国展開をしている大手のグループです。

価格とサービスにこだわりがあるため、キャンペーンの時期を上手く狙うと安く抑えることができますよ。

ハウスクリーニング業者②:おそうじ革命

おそうじ革命

東京・大阪と一部の地域のみサービスを提供し、2社と比べてサービスの範囲が狭いですが、コストパフォーマンスがダントツで良いです。

東京・大阪にお住まいの方は、良心的な価格でハウスクリーニングを受けることができるでしょう。

ハウスクリーニング業者③:ダスキン

ダスキン

ハウスクリーニングだけでなく、「お掃除」に関する総合的な商品など全国にサービスを展開する大手です。

業界最大手の信頼感があり、ハウスクリーニングの草分け的な存在でもあることから安心感は抜群です。

ハウスクリーニングの作業内容、費用の相場について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、引っ越し時のハウスクリーニング費の相場や、ハウスクリーニングを行うメリット・デメリット、おすすめのハウスクリーニング業者についてご紹介しました。

引っ越し時にはハウスクリーニングの費用を巡り不動産会社や貸主とトラブルとなるケースが多くあります。

そのため、ハウスクリーニングに掛かる費用の相場を把握した上で、不当に請求されるようなことがないようしっかり見極めることが重要です。

退去時に「敷金をできるだけ取り戻したい!」入居時に「キレイに掃除をした部屋で住みたい!」といった方は、一度プロのハウスクリーニング業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です